【ビジネスアカウントの運用】Twitterアナリティクスの使い方・活用方法

SNSでシェア

Twitterアナリティクスの画面

アクティブサポートや、PRの一貫でTwitterのビジネスアカウントを運用している場合、よりユーザーのことを知るために「Twitterアナリティクス」の活用がおすすめです。

本記事では、企業の公式Twitterを運用している方に向けて、Twitterアナリティクスの基本について紹介します。

Twitterアナリティクスとは無料で使える分析ツール

Twitterアナリティクスとは、運用しているTwitterアカウントを無料で分析できるツールです。

まずは、Twitterアナリティクスを活用すると、どのようなことがわかるのか確認してみましょう。

ツイートアクティビティ

Twitterアナリティクスのツイートアクティビティ画面

Twitterアナリティクスでは、ツイート(投稿)に関するアクティビティが確認できます。

インプレッションやエンゲージメント数・エンゲージメント率などが確認できるので、どんなツイートが人気なのか、反応がよかったのかを確認できます。

日付を選択して、CSVデータとしてダウンロードも可能なので、分析や管理にも役立ちます。

動画アクティビティ

通常のツイートとは別に、動画の再生回数もアナリティクスから確認できます。

通常投稿の動画と、プロモーションを使用した動画の再生数や完了率が確認できるので、広告の効果も測りやすいでしょう。

コンバージョントラッキング

Twitterアナリティクスのコンバージョントラッキング

特定のコンバージョンについて知りたい場合、トラッキングを設定することも可能です。ウェブサイトタグを作成し、サイトにタグを埋め込むことで、計測可能。

Twitterを運用している目的にあわせて、コンバージョン設定をすることがおすすめです。

フォロワー・オーディエンス情報

自分のアカウントをフォローしている人がどんな属性なのか確認したい方も多いでしょう。残念ながら2020年1月30日をもって、オーディエンス情報は確認できなくなりました。

現在は、フォロワーに関する情報は見られないことに注意してください。

Twitterアナリティクスの基本的な使い方

Twitterの運営に関する重要な情報は、Twitterアナリティクスから確認できるとわかりました。

Twitterを使っている場合、アナリティクスへの登録は別途必要ありません。何も特別な設定をしなくても、自動的にデータは収集されているため、アナリティクスへログインするだけでデータを確認できます。

Twitterアナリティクスへのログイン方法

Twitterアナリティクスへのログイン方法

では、Twitterアナリティクスにはどのようにログインしたらいいのでしょうか。アナリティクスはパソコンから閲覧可能なため、パソコンからTwitterにログインしてください。

メニュー欄の「もっと見る」をクリックすると「アナリティクス」と出てくるので、こちらをクリックするとアナリティクスが開きます。

ツイートからツイートアクティビティを確認する方法

ツイートからツイートアクティビティを確認

スマホからでも個別のツイートアクティビティを確認することは可能です。

ツイートの右端にあるアンテナが3本立ったようなマークをクリックすると、以下の情報が見られます。

ツイートアクティビティ

ツイートごとの情報は、アナリティクスにアクセスしなくても簡単にチェックできることを覚えておきましょう。

もちろんスマホからだけではなく、パソコンからでもツイートアクティビティは確認できます。

Twitterアナリティクスで確認するべき項目

Twitterアナリティクスを使うと、簡単にデータを確認できます。しかし、データを眺めているだけでは何の意味も持ちません。

アカウントの運営に役立つポイントを重点的に確認していくようにしましょう。

基本の用語を理解しておく

Twitterアナリティクスを利用するときには、基本的なマーケティング用語を理解しておく必要があります。

Twitterに関する基本用語を理解できていない場合は、ヘルプページから確認しておきましょう。

反応がいいツイートを確認する

Twitter運営では、ユーザーの反応がいいツイートを把握し、より反応率を高めていく必要があります。

いいね、リツイートなどをKPIにして、どのようなツイートがいい反応を得られているのか確認し、分析して傾向をつかみましょう。

プロフィールページへの遷移率を確認する

ツイッターは、「いいね」「リツイート」などの反応があっても、投稿画面で表示されるだけでフォローに結びつかないことが多いのが特徴です。

フォローに結びついているのか確認するためには、「プロフィールページの遷移率」が重要です。

例えば、ネタ系のツイートは、いいねやリツイートは伸びやすくても、プロフィールへの遷移率は低いもの。一方、名前やプロフィール画像とも一致している役立つ内容、専門的な内容の場合は、プロフィールへの遷移率は上がります。

フォローを増やすためには、そもそもプロフィールへ遷移されているのか確認することが重要です。

そして、遷移した人の中でどの程度フォローされているのか確認しましょう。

プロフィールを見られていてもフォローされることが少ない場合は、

・プロフィール文章の改善をする

・ターゲットに合わせたツイートを増やす

・固定投稿やモーメントなどを作成する

などの対策が考えられます。

Twitterアナリティクスがおかしい?表示されないときの対処法

Twitterアナリティクスが表示されていない場合は、以下のすべてが当てはまっているのか確認しましょう。

  • アカウントの主なツイート言語がアラビア語、ポルトガル語(ブラジル)、デンマーク語、オランダ語、英語、フィリピン語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ロシア語、簡体字中国語、スペイン語、スウェーデン語、タイ語、繁体字中国語、トルコ語のいずれかである。
  • アカウントを作成して14日以上経過している。
  • アカウントがポリシーに違反していない。
  • アカウントが削除、制限、凍結されていない。

引用:Twiiterヘルプセンター

特に、アカウントを作成して14日以上経過しているかどうかは見落としやすいポイントです。アカウントを作成してすぐはデータが反映されないため、しばらく経ってから確認するようにしてください。

また、上記のすべてに当てはまっていてもアナリティクスが表示されない場合は、一度アカウントからログアウトして時間をおいてからログインすることもおすすめです。

Twitterアナリティクスは不具合が生じていることや、ラグが発生することも多いので、別日に確認すると、問題が解決していることも多いもの。

どうしても解決しなさそうな場合は、Twitterのカスタマサポートに問い合わせてみましょう。

Twitterアナリティクスを無効・解除する方法はあるの?

Twitterアナリティクスは特に登録をすることなく有効化されているもの。アナリティクスの無効化や、解除する方法は2020年7月現在明確にされていません。

Twitterアナリティクスをアクティブサポートに活用しよう

TayoriのTwitterプロフィール画面

Twitterで公式アカウントを運用する際には、DMやコメントで問い合わせを受けることも多いでしょう。しかし、担当者が別にいる場合や、見逃してしまうことなどを考慮すると、Twitterで問い合わせ対応をすることは得策ではありません

複雑な問い合わせにも確実に対応するためには、問い合わせへの導線を作っておくことが重要です。

株式会社PR TIMESが運営する「Tayori」を使うと、簡単にお問い合わせフォームの作成が可能。

Tayoriのお問い合わせフォーム

上記のような問い合わせフォームが無料からでも簡単に作成できます。

また、管理画面から、問い合わせへの対応ステータスも一目瞭然です。

Tayoriの管理画面

これからTwitterでアクティブサポートを行うことを検討している方は、ぜひTayoriを使って、問い合わせへの導線を作成してみてはいかがでしょうか。

>>Tayoriで問い合わせの導線を作る

関連記事:攻めの顧客対応「アクティブサポート」とは?メリット・注意点・対応例を紹介

SNSでシェア

Tayoriを無料で使ってみる

無料でお問い合わせフォームやFAQをあなたのウェブサイトに簡単に設置

今すぐ始める

関連記事

Tayoriのおたよりを購読する

Twitterでフォロー

facebookでいいね!

RSSで購読