TOPマニュアル6.6.1. 括弧・引用符号から
最終更新日 : 2021/05/18

6.6.1. 括弧・引用符号から

データ参照IDの値から、括弧等の記号内の文字列を抽出するコマンド。抽出した文字列は抽出先データ参照IDに格納される。抽出文字列が複数ある場合、何マッチ目の値を抽出するか指定することができる。

6.6.1-1.png
  • 名称    内容
  • 元データ参照ID:定義したデータ参照IDを指定する
  • 何マッチ目:何マッチ目の抽出データを取得するか指定する
  • 対応記号:抽出対象の記号を指定する
  • 抽出先データ参照ID:抽出先データ参照IDを定義する

シナリオ例(括弧・引用符号から):

下図メモ帳からtest2を取得するシナリオ。

661_02.png
661_03.png

シナリオ例(括弧・引用符号から)の実行結果:

661_04.png

関連する質問