TOPマニュアル6.3.1. マウス移動 > 座標
最終更新日 : 2021/05/18

6.3.1. マウス移動 > 座標

マウス操作コマンドの座標切り取りは座標を表示する。

 マウスポインタを指定の座標へ移動するコマンド。座標は画面左上を原点としたピクセル値で表すことができる。座標の指定方法は以下の2通りである。
1. ピクセル値を直接入力する
2. [座標を取得]を利用する

マウス移動.png
  • 名称      内容
  • 座標を取得(3秒):クリックして3秒後に座標取得モードになる 座標取得モードで移動したい場所をクリックすると、 X座標値とY座標値が自動的に入力される
  • X:X座標値(画面左上から右への移動ピクセル値)
  • Y:Y座標値(画面左上から下への移動ピクセル値)
  • 移動後のクリック:マウス移動後のクリックの動作を選択する (無し・シングル・ダブル・トリプル・右)

※クラウドシステムなどで、同じデザインのボタンが羅列している際などの使用に便利です。
※座標を取得したパソコンと画面解像度が異なる別のパソコンにシナリオをインポートすると、インポート先のパソコンで再度座標の取得をやり直す必要があります。

※クラウドシステムなどで、同じデザインのボタンが羅列している際などの使用に便利です。
※座標を取得したパソコンと画面解像度が異なる別のパソコンにシナリオをインポートすると、インポート先のパソコンで再度座標の取得をやり直す必要があります。

関連する質問