TOPマニュアルメール送信・受信(Gmail)コマンドについて
最終更新日 : 2021/05/18

メール送信・受信(Gmail)コマンドについて

この機能を活用すれば、Gmailを使ったメール操作のコマンド選定を簡単に行うことができます。

※OAuth2.0は「オープン認証」の略で、Webサイトやアプリケーションのユーザーに代わって、安全に管理されている情報にアクセスできるように設計された手法です。

1. シナリオ一覧でOAuth2アカウント管理を選択します。

設定1加工.png

2. +で追加します。

設定2加工.png

3. アプリの認証をクリックします。

設定3加工2.png

4. Google画面で設定するgoogleアカウントを選択します。

設定4加工.png

もしくはこのような画面が表示されます。
こちらでメールアドレスを選択して下さい。

設定別パターン.png

5. 画面に沿って許可を選択します。

設定5加工.png

6.内容を確認します。

設定6加工.png

7. コードが発行されるので、コピーボタンを押してコピーします。

設定7加工2.png

8. ミラロボの認証コード欄に貼りつけます。

設定8加工2.png

9.アカウント画面

設定9加工.png

※ここまでの設定をしておけば
「送信(Gmail )」「受信(Gmail)」のコマンドを使用することができます。

OAuth2アカウント管理で登録されているgmailアカウントであれば、アカウント(アドレス)を入力するだけでコマンドに設定できます。(パスワードやサーバー情報などを設定しなくてよい)

設定10.png

送信

送信1空.png

詳細を設定する画面です。

送信1.png

設定後の画面です。

送信2.png

受信

受信1.png

設定画面

受信2.png

設定後の画面です。

受信3.png

関連する質問