TOPマニュアル6.5.15. 記憶 > ファイル更新日時
最終更新日 : 2021/05/18

6.5.15. 記憶 > ファイル更新日時

ファイルまたはフォルダの更新または作成日時をデータ参照IDと紐づけて記憶するコマンド。

1.png
  • 名称   内容
  • ファイル・フォルダ:ファイルまたはフォルダを指定する
  • 取得情報:ファイル作成日時またはファイル作成日時を指定する
  • 日時形式:日時の形式を指定する
  • データ参照ID:データ参照IDを定義する

シナリオ例(記憶>ファイル更新日時):

test.txt の更新日時をメモ帳に入力する。

6514_02.png

シナリオ例(記憶>ファイル更新日時)の実行結果:

test.txt の更新日時をメモ帳に入力した。

6514_03.png

関連する質問