TayoriBlogTayoriBlog

キーワードから探す

Tayoriとは

無料でお問い合わせフォームやFAQをあなたのウェブサイトに簡単に設置できます!

  • フォーム
  • FAQ
  • チャット
  • アンケート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tayoriで作成したフォームとGoogle Analytics(GA4)を連携する方法

本記事では、Tayoriで作成したフォームとGoogle Analyticsを連携する方法についてご紹介します。 以下ご案内する方法は、最新のGoogle Analytics 4(GA4)での設定方法となります。

Google Analyticsにログインして、プロパティを新規作成

お使いのGoogle Analyticsにログインして、連携する用の新規プロパティを作成します。

手順:ログイン> 管理 > プロパティを作成

GA4、プロパティの作成

プロパティの情報を記載して保存

プロパティ名やビジネス情報を入力して、作成ボタンをクリック

GA4、プロパティ作成

ビジネス概要の入力(GA4)

データストリームを設定して、データ収集を開始する

ウェブ、Androidアプリ、iOSアプリの3つのボタンが出てくるので、ウェブを選択します。

データストリームの作成

データストリーム設置のウェブサイトURLに、TayoriのGoogle Analyticsを設定する際に表示されるURLをコピーして貼り付けます。

データストリーム詳細入力

※「https://」以下をコピーして貼り付けます。

Tayori側のURLは編集画面より、フォームの設置プロセスの途中に出てくる、設定ページに下記の通り、記載があります。

Tayori URL

ストリーム名は、お好きな名前で設定

データストリームへの入力

設定が完了すると、ウェブストリーム情報のページに移ります。

ウェブストリームの詳細情報から測定IDをTayoriに登録

ウェブストリーム情報の詳細が表示されますので、ストリームURLが設定したURLと正しいか確認をしましょう。

ウェブストリーム詳細

測定IDに記載の「G」から始まる測定IDをコピーして、Tayoriの該当箇所に貼り付けて「URLを生成」ボタンを押し、保存します。

tayori、測定ID入力

テストをして、測定できているかを確認しましょう

設定したフォームにアクセスをして、Google Analyticsのプロパティで、リアルタイムにアクセスがあるか確認しましょう。

リアルタイムで確認

「ホーム」ボタンのトップページで、過去30分間のユーザーにアクセスが「1」となっていれば測定ができています。

ここまでで、Google AnalyticsとTayoriの連携は完了しました。

フォーム入力完了ページの計測について

Tayoriのフォームに入力が完了すると、フォームのURLの最後に「/complete」を付けた仮想のURLを作成しています。

 GA4上では、左メニューの「エンゲージメント」から「ページとスクリーン」より、ページタイトルで、「作成したフォーム名 + 完了ページ」と記載があります。

お問い合わせ完了

GA4とTayoriを連携してからフォーム入力が完了していないと計測されないので、連携後にテスト送信をして確認をしてください。

こちらの完了ページの計測をすることで、何件フォームに入力が完了したのか数を計測することができます。 

Tayoriとは

無料でお問い合わせフォームやFAQをあなたのウェブサイトに簡単に設置できます!

関連記事