TayoriBlogTayoriBlog

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人手不足にならず人件費削減する具体的な方法は?今すぐ行いたい2つのこと

人件費削減の対策

「人件費を削減したい」と思いつつも、人手不足が心配な方も多いでしょう。また、現在雇用しているメンバーを、解雇するわけにもいかず、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、これから人件費を削減していくためには、どうしたらいいのでしょうか。

本記事では、人件費を削減する具体的な方法を紹介します。

人件費はコントロールできる「固定費」

人件費は、毎月の固定費としてかかってくるため、経営を圧迫していることも多いでしょう。

人件費は家賃などと違い、ある程度コントロールしやすい固定費のため、見直しすることである程度負担を減らすことが可能です。

そもそも、現在の人件費は高すぎないのか、正しい割合になっているのかはどのように判断できるのでしょうか。

現在の人件費から、人件費の適正判断を行う

人件費の割合がどの程度なら適切といえるのかは、当然事業モデルによっても異なります。

一般的に飲食店などの労働集約型の場合、人件費の割合は売上総利益に対して70%程度。資本集約型の場合は30%。中間型の場合は50%が人件費だといわれています。

これらのベースを元に、人件費をどの程度におさめるべきなのか検討することがおすすめです。

また、人件費は「人員数が多い」もしくは「人員あたりの単価が高い」のか検討し、それぞれにあった対策をとる必要があります。

必要以上の人数がいるのか、それとも1人あたりの人件費が高額になりすぎているのかを検討しましょう。

解雇や給料を下げるだけの人件費削減はリスクが高い

人件費が高額になっていることがわかった場合、人件費を下げて利益率を上げたいと思うのは当然です。しかし、従業員を解雇したり、給料を下げたりといった安易な人件費削減は経営リスクが高まります

勤務歴の長いベテラン従業員やスキルが高い人材は、他の従業員と比較して給与も高額です。しかし、その分売上に貢献していることも事実。

安易に給与を下げると、離職のリスクが高まります。また、勤務時間を減らすことで売上も下がり、結果的に利益も下がることになりかねません。

また、従業員を減らしたことで目の前にある仕事に対応しきれず、お客様を逃してしまったり、長期的な事業に取り組めなくなったりしてしまいます。

人件費をただ下げることを考えるだけでは、逆効果になることを覚えておきましょう。

正しく人件費を下げて、利益を上げることが大切

売上を保ちながら人件費を下げるためには、安易なリストラをするのではなく、正しい人件費の下げ方を検討しなければいけません。

人件費を下げても売上を伸ばし、利益を上げられる方法を検討しましょう。

人手不足にならず人件費を削減する方法

では、人手不足になったり長期的な利益を下げたりしない方法で人件費を下げるにはどうしたらいいのでしょうか。

スタッフを教育し生産性を上げ、残業を減らす

正しく人件費を下げるためには、スタッフを教育して生産性を上げることが重要です。

特に、残業が発生している場合、スキルを上げて効率性が向上することで残業を減らせます。残業代は通常の時給よりも高額になるため、残業代を減らせることで人件費は大幅に下げることが可能です。

業務効率化を行い、人員を削減しても大丈夫な体制を作る

現在雇用している人を解雇せずとも、今後退職した人員の補充を行わず、人員削減を検討しているケースもあるでしょう。

長期的に人件費を下げることを検討している場合は、業務効率化を行い、人員を削減しても問題ない体制を作ることがポイントです。

マニュアルを作成したり、オペレーションの見直しをしたりするなど、少ない人数でクオリティを保てる仕組みを作りましょう。

Tayoriを使って人件費削減のために今すぐ行いたいこと

スタッフの生産性やスキルを向上させたり、オペレーションを見直したりする際には、ツールを活用するとスムーズです。

株式会社PR TIMESが運営する業務効率化ツール「Tayori」を利用すると、人件費削減のためのこれらの業務が簡単に行えます。人件費削減のためにツールを活用する方法について紹介します。

1.ナレッジベースを作成する

マニュアルや情報が各所にちらばっている会社も多いでしょう。

月に1時間程度情報を検索するのに利用している場合、社員が20人いると、1ヵ月で20時間も利用していることに。人件費が2,000円だとすると、40,000円分もコストがかかっていることになります。

情報が一箇所にまとまっている場合、マニュアルや過去の情報を探す時間が大幅にカットできます。

情報検索の時間を減らすだけでなく、スタッフの知識や経験を共有し、新しい人へ引き継いでいくためには、ナレッジベースを作成することがおすすめです。

Tayoriを利用すると、FAQ形式でシーン別にナレッジをまとめることが可能。パソコンの知識がなくても直感的に操作できるので、誰でも簡単にマニュアルを作成できます。

関連記事:ナレッジベースの意味とは?社内で利用する効果

2.事務手続きのワークフローを見直す

新しいスタッフが入社したり、退社したりする際の人事手続きや備品発注手続きなど、社内の各種手続きに関するワークフローには想定以上にコストがかかっているケースが多いものです。

数回以上繰り返す必要がある事務手続きは、ワークフローの見直しをすることがポイント。

Tayoriを活用すると「依頼フォーム」を簡単に作成可能。必要な項目を予めしてしておくことで、スムーズに依頼を完了できます。

また、依頼された側は、タスク管理もできるので、進捗管理しやすいこともポイントです。

関連記事:ワークフローを簡単にシステム化する3つのポイント

人件費の削減はできる範囲から慎重に行おう

人件費が経営を圧迫している場合、人件費の見直しを行う必要があります。ただし、いきなり給与を引き下げたり、解雇したりするのは、スタッフの信頼を失うだけでなく、長期的に検討すると利益を下げることになりかねません。

人件費の削減を検討しはじめた場合は、「ナレッジを共有しつつスタッフのスキルを上げる」「ワークフローを見直して生産性を上げる」など、無理なくできる範囲から行うことがおすすめです。

ぜひ、Tayoriを使って、ナレッジベースの作成やワークフローの見直しを行ってみてはいかがでしょうか。

>>Tayoriを使って人件費削減できる基盤を整える

Tayori 本格的なフォーム、FAQ(Q&A)ページを簡単に作成 無料でスタートTayori 本格的なフォーム、FAQ(Q&A)ページを簡単に作成 無料でスタートTayori 本格的なフォーム、FAQ(Q&A)ページを簡単に作成 無料でスタート

関連記事

無料でフォーム、FAQ(Q&A)ページが作れる Tayoriをチェック!

無料でスタート

閉じる