TayoriBlogTayoriBlog

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【MEO対策のポイントと5つの方法】SEOとの違いや代行費用の基礎知識

MEO対策をする人

  • MEO対策を始めたいけどやり方がわからない
  • MEOとSEOの違いは?
  • MEO対策の代行費用の相場は?

このようなお悩みはありませんか?

「MEO対策を始めたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。本記事では、MEO対策で必ずしておきたい5つの対策ポイントや、費用などのMEO対策の基本知識を紹介します。

本記事の内容

  • MEOとSEOの違い
  • MEO対策代行の相場
  • MEO対策のポイントと方法
  • MEO対策のメリットとデメリット

フォーム&FAQ作成ツール Tayoriフォーム&FAQ作成ツール Tayoriフォーム&FAQ作成ツール Tayori

MEOとは

MEOとは、Map Engine Optimizationの略で、主に、Googleの地図エンジンの最適化のことを指します。海外では「ローカルSEO」とも呼ばれ、店舗ビジネスや地域ビジネスにおいては重要なWebマーケティング施策の一つです。
Googleマップに表示される店舗の情報を最適化したり、ローカル検索をしたときにできるだけ上位に表示させたりすることがMEO対策と言われます。

なぜMEO対策が必要なのか

では、MEO対策はなぜ今注目されているのでしょうか。

近年Googleでは「ローカル検索」が行われています。ローカル検索とは、検索している人の現在地から近い店舗を表示するシステムです。Googleの調査では、ローカル検索をしている人の41%が検索後24時間以内に店舗訪問していることが報告されており、顧客の来店にとても大きな影響を持ちます。

また、お店を探すときには、44%の人がGoogleMapを利用していると言われています。MEO対策を行い、地図エンジンで上位表示されることは、顧客獲得のための重要なポイントとなっているのです。

近年ではスマートフォンの普及によりユーザーの検索行動が変化しており、店舗ビジネスを中心に注目の集まる集客方法となりました。

MEOとSEOの違い

MEOとSEOはよく混同されるワードの一つですが、双方とも検索結果の上位化という点においては同じです。

双方の異なる点は検索方法と対策方法にあります。

まずMEOはマップ検索における上位化で、Googleビジネスプロフィールで上位表示させることを指します。
一方SEOは自然検索における上位化で、Webサイト自体を上位表示させることを指します。

また費用においても大きな違いがあります。
MEOで利用するGoogleビジネスプロフィールは無料で利用でき、比較的簡単に運用できるため自身でも操作しやすく低コストで運用できます。業者に代行を依頼する場合も2万円~5万円程度と代行費用も低く抑えられます。

一方SEOでは、そもそもSEO対策を最適化させた充実したWebサイトが必要な他、サイトの更新や運用も含め専門スキルが必要です。
SEO対策はサイト制作の初期費用がかかるだけではなく維持費にもコストがかかります。運用代行費用の相場は月額10万円以上と高額になるため、費用面でもMEOと大きな違いがあると言えるでしょう。

MEO対策のメリットとデメリット

Webマーケティング施策をする上で候補に上がるMEOですが、手軽さやコスト面から考えるとSEOの方が効果があるように見えるかもしれません。
とはいえ、店舗ビジネスにおいてはSEOよりMEOが有効とされており、ここからはその理由をメリットデメリットから紐解いていきます。

MEO対策のメリット

検索結果が目に留まりやすい

MEOはSEOよりも検索結果が目に留まりやすいという特徴があります。
飲食店や美容院など店舗を検索した際に、一番上の検索結果に地図情報が表示されているのを見たことはありませんか?これはGoogleが検索ワードからユーザーの検索意図を分析し、ユーザーが店舗情報を求めていると判断した結果です。
それにより、マップ検索の検索結果が上位に反映され、必然的に検索上位に表示される仕組みです。
一般的にGoogleで検索した際の1位のクリック率は30%前後とされていますが、MEOは自然検索よりも上に表示されるためクリック率も高くなると考えられます。

見込み客にリーチできる

一般的に店舗を検索する際「地域名+○○」のようなワードで検索する人が多いでしょう。つまり、ユーザーは既に受けたいサービスと地域は決定しており、どの店舗にするかの判断材料を探していると考えられます。
そのため、検索上位に上げれば上げるほどユーザーの目に留まりやすく、来店候補に入れてもらいやすくなるのです。
MEO対策でマップ検索の上位に上げ、店舗情報を充実させることで、ユーザーに訴求できる確率が高くなるでしょう。

来店時に必要な情報を網羅できる

ユーザーが検索する目的はさまざまですが、多くの場合店舗情報を知りたいという理由が大きいでしょう。その場合、できる限り店舗の情報を充実させ、一つでも多くのユーザーの疑問を解決する必要があります。
MEO対策では、Googleビジネスプロフィールの内容の充実も施策の一つです。
検索を上位に上げるだけではなく、Googleビジネスプロフィールを充実させることで、ユーザーの疑問解決に繋がります。

SEOに比べて競合が少ない

SEOに比べて競合が少ないというのも大きなメリットです。Googleで検索した際、ポータルサイトや大手の企業のサイトが上位され、本当に知りたい情報が見つけられなかったtという経験はないでしょうか?
地域に根差した店舗がこのような大きな企業やポータルサイトに対抗してWebサイトを作るには、多大なコストと労力が必要です。
一方MEOでは地域に根差したローカルビジネスにおいて成果を発揮しやすいです。
実際にMEO対策に力を入れている店舗も少なく、競合相手が少ない上に、見込み顧客にもリーチしやすいため、今すぐ取り入れたい施策の一つと言えるでしょう。

MEO対策のデメリット

店舗ビジネスにおいて低コストで大きなリターンのあるMEO対策ですがデメリットもあります、デメリットを把握しておくことで、より効果的かつ効率的なMEO対策が可能です。

ネガティブな口コミが投稿される可能性がある

Googleビジネスプロフィールではユーザーが口コミを投稿できるようになっています。ポジティブな口コミはもちろん、時にはネガティブな口コミを投稿される可能性もあります。
口コミに対して返信をすることで、検索上位に持って行きやすい側面もありますが、ネガティブな口コミに対する対応も考えておく必要があるでしょう。

効果のあるビジネスが限られる

ローカル店舗ビジネスにおいて高い効果を発揮するMEO対策ですが、実店舗を持たないビジネスや地域によっては集客効果が見込めない場合もあります。
MEO対策が効果を発揮するビジネスは限られるため、自身のビジネスがMEO対策に効果的なのか今一度考えてから実践しましょう。

MEO対策3つのポイント

MEO対策を考えるときには、ローカル検索の仕組みも知っておきましょう。ローカル検索で上位を獲得するためには関連性・距離・知名度の3つのポイントが重視されます。

・ユーザーが検索しているキーワードに関連性が高い情報があるか
・検索しているユーザーとの距離が近いほど上位表示される
・オフラインでの知名度や、口コミ、記事の件数が多い

以上のポイントを満たすと、上位に表示されやすくなるため、MEO対策を行なうためにも重要な点となります。

「関連性・距離・知名度」について詳しく知りたい方は、「Googleのローカル検索って何?順位はどうやって決まっているの?広告の出し方は?」の記事でご確認ください。

MEO対策とは何をするの?方法は?

では、具体的なMEO対策をするための5つの方法を確認していきましょう。

Googleマイビジネスに登録して情報を充実させる

MEO対策をするためには、まずGoogleマイビジネスに登録することから始めます。Googleマイビジネスに登録した後は、できるだけ店舗の情報を充実させましょう。

情報が充実していると、ユーザーが検索したキーワードに引っかかる可能性が高くなり、上位表示されやすくなります。営業時間や定休日・連絡先は常に最新の情報を登録し、お店の情報もできるだけ詳しく記入するようにしましょう。

>>Googleマイビジネスへの登録方法を確認する

口コミの数・評価を増やす

Googleマイビジネスに登録したら、口コミの数や評価を増やすための施策を行いましょう。

常連客やお店のことをよく知ってくれている人に、口コミを書いてもらうようにお願いしたり、ウェブサイトやSNSに口コミ投稿を促すコメントを入れたりするのも効果的です。

また、口コミには返事を返すことで「コメントを読んでくれているなら、私もコメントしてみようかな」と口コミ投稿を促すことができます。

ウェブ検索結果での掲載順位を上げるSEO対策

MEO対策をするときには、Googleの検索エンジンに対して行なうSEO対策(Search Engine Optimization)は必要ないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、SEO対策をして公式サイトが上位に表示されていることは、MEO対策にも重要なポイントとなります。

そのため、最低限のSEO対策を行なうことも大切です。公式サイトを作成したり、情報をこまめに更新したり、ユーザーが必要としている情報を提示するなど、サイトを充実させましょう。

写真を積極的に投稿する

MEO対策をするときには、写真を積極的に投稿することも効果的です。GoogleMapに表示される写真は自分たちでは選べず、投稿された写真の中からランダムで表示されます。しかし、オーナーが投稿した写真が利用される割合が高いため、クオリティの高い写真を投稿し、ユーザーの目に止まりやすいよう工夫しましょう。

また、ユーザーの関心が高い「外観」「内装」「メニュー」「商品」の写真などは投稿しておくことがおすすめです。

ユーザーとのコミュニケーションを取る

MEO対策をするときには、ユーザーとのコミュニケーションを取ることも重要なポイントです。

例えば、お店のレビューを書いてくれた人に対してお礼のコメントをすることは必須です。厳しい内容のコメントがついてしまった場合、コメントを見た人に悪い印象を与えるのではないかとショックをうけることもあるでしょう。しかし、真摯に対応したコメントを返すことで、逆に好印象を与えることができます。ユーザーとのコミュニケーションを取り、親近感と誠実さを伝えましょう。

参考記事:攻めの顧客対応「アクティブサポート」とは?メリット・注意点・対応例を紹介

MEO対策の費用

「MEO対策をするには高額な費用がかかるのでは?」と不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、Googleマイビジネスに登録することは無料で行えますし、自分で基本的な対策をする場合は基本的に料金が発生することはありません。

業者に頼むときの相場

「MEO対策をする方法はよくわからないからプロに任せたい」「MEO対策をする時間がなかなかとれない」という場合は、業者に頼むことも検討しているのではないでしょうか。

MEO対策を業者に頼んだときの金額の相場は、2.5万〜5万円程度です。特定のキーワードで3位以内を達成した日数で成果報酬を払う「日額成功報酬型」と、決まった金額を支払う「固定報酬型」があります。ビッグキーワードで対策を行なう場合は成果報酬型がおすすめですが、成果が出た場合は固定報酬の方が安くなることもあります。一方、固定報酬では結果が出なくても報酬を支払う必要があるため、対策したいキーワードや競合などを見定めて、報酬体系を決めるようにすることをお勧めします。

MEO対策は短期間で成果を出すことは難しいため、6ヵ月〜12ヵ月など契約期間が定められていることも。契約期間は自動更新されることも多いので、予め期間も確認しておきましょう。

また、MEO対策では計測地点も重要です。位置にあわせて順位は変動するので、店舗に近いほど上位表示される可能性は高くなります。計測地点についても予め確認しておくことがおすすめです。

MEO対策にはサイトを充実させることも大切

MEO対策をするためには、公式サイトの情報を充実させることも重要です。本業がある中、サイトを充実することはなかなか難しいと思う方もいらっしゃるでしょう。
そこで、MEO対策としても導入しておきたい、2つの項目を紹介します。

よくある質問ページの設置

サイトを訪れたユーザーが、自力で必要な情報を探し出せるようにするためには「よくある質問」ページを設置することがおすすめです。

よく問い合わせが来る内容は、サイトに訪れたユーザーが情報を見つけられていないということ。わかりやすく記載しておくことで、ユーザービリティの高いサイトを作成できるだけでなく、似た内容の問い合わせに毎回対応する時間も節約できます。

また、必要な情報をすぐに見つけられることは、顧客の取りこぼしも防げます。「予約は何日前までに必要?」「バースデーサプライズはできる?」「貸し切りは何名からできる?」といった、お店を検討している段階で必要な項目がすぐに見つからない場合、候補から外れてしまうことも。

情報を探しやすいサイトは、ユーザーにとってメリットがあるだけでなく、問い合わせ時間の短縮や顧客の取りこぼしを防ぐメリットもあるのです。

「サイト内のどこかに情報はある」という状態だと、ユーザーが自力で探すことは難しいため、シチュエーションにあわせた「よくある質問」としてまとめておくと親切です。

参考記事:FAQは「蓄積」と「分類」が作り方のポイント!ツールを使って簡単に作成しよう

お問い合わせフォームの設置

よくある質問でも解決できない内容や、具体的な相談をしたいときには、問い合わせをすることになります。

「問い合わせよう!」と思っていても、連絡先が見つかりにくい場合や、営業時間外は問い合わせできなかった場合は、別の店舗を検討したり、そのまま忘れられたり……。顧客を取りこぼしてしまいます。

そのため、営業時間外でも問い合わせできる、問い合わせフォームをわかりやすく設置しておくことがおすすめです。

サポートツールを使うと簡単に導入できる

株式会社PR TIMESが運営するカスタマーサポートツール「Tayori」では、よくある質問・お問い合わせフォームが簡単に作成できます。もちろん、サイトに埋め込んで使うことも可能です。

FAQ Tayori

 

特に設置しておいてほしい「よくある質問」は、無料で作成も可能です。サイト制作の知識がなくても、簡単に導入できるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

>>Tayoriの「よくある質問」ページ作成の機能を見る

Tayoriは、40,000アカウント超えのお客様に導入され、数多くのビジネスを陰で支えています。FAQだけでは無く、テンプレートを選べば、本格的なお問い合わせフォームが5分で作成可能です。

>>フォーム作成画面(サンプル)を確認する

>>Tayoriサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら

フォーム&FAQ作成ツール Tayoriフォーム&FAQ作成ツール Tayoriフォーム&FAQ作成ツール Tayori

関連記事

導入数 50,000 超え フォーム・FAQ 作成ツール Tayori

無料でスタート

閉じる