TayoriBlogTayoriBlog

キーワードから探す

Tayoriとは

無料でお問い合わせフォームやFAQをあなたのウェブサイトに簡単に設置できます!

  • フォーム
  • FAQ
  • チャット
  • アンケート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロントエンジニアとは?仕事内容・未経験からのなり方・年収・資格を紹介

フロントエンジニア

未経験からエンジニアを目指すなら、フロントエンジニアは最適な選択肢かもしれません。扱う言語は比較的習得しやすいものが多く、コーダーやプログラマーからのステップアップも叶いやすいからです。

そこで今回は、フロントエンジニアの仕事内容や年収を紹介。未経験からのなり方やステップアップの方法、役立つ資格もお伝えします。

 

フロントエンジニアとは?

フロントエンジニアとは、Web上で動作するサイトやアプリケーションのうち、ユーザーが直接操作する部分を扱うエンジニアです。フロントエンドエンジニアと呼ばれることもあります。

具体的には、テキスト入力欄やボタンなどの、ユーザーの目に直接触れる部分のプログラムを扱います。

フロントエンジニアは、バックエンドエンジニア、マークアップエンジニア、Webコーダーとの違いが話題にあがりやすい職種です。それぞれの違いを確認してみましょう。

バックエンドエンジニアとの違い

フロントエンジニアとバックエンドエンジニアでは、どの部分にあるプログラムを扱うのかが違います。バックエンドエンジニアは、ユーザーの目には見えない部分を扱います

具体的には、入力データの処理や保存などに携わる仕事です。フロントエンジニアとは、担当している部分が異なるといえます。

マークアップエンジニアとの違い

マークアップエンジニアは、HTMLやCSSを扱うエンジニアです。メディアの全体構造に携わることが多く、SEOへの最適化やスタイルシートなどを扱います。

フロントエンジニアが、マークアップエンジニアとして業務にあたることもあります。

Webコーダーとの違い

Webコーダーは、HTMLやCSSのコーディングを主とします。マークアップエンジニアと比べると、業務範囲はコーディングに限定されているため狭く、全体構造に携わることはあまりありません。

マークアップエンジニアと同様、フトンロエンジニアが兼務することもあります。

 

フロントエンジニアの主な仕事内容

フロントエンジニアは、エンジニア職の中でも幅広い業務を担当する職種です。次からは、フロントエンジニアの主な仕事内容を3つお伝えします。

1.システムの設計・実装

フロントエンジニアの主な仕事は、デザイン通りの制作物をブラウザに表示させることです。デザインされた設計図を基に、HTML・CSS・JavaScriptなどのプログラミング言語を扱いながら、WebサイトやWebアプリケーションを作成するための設計を行います。

プログラマーやコーダーに実装を依頼することもあれば、自らコーディングをしたり、技術的な支援を行うこともあります。

2.UIの設計

デザインはデザイナーへと分業されているケースが増えていますが、フロントエンジニア自身がサイトやアプリケーションのデザインを担当することもあります。

特に、UI・UX面をフロントエンジニアが担当するケースも増えています。近年では、PCだけでなくタブレットやモバイル端末など様々なデバイスが利用されています。小さい画面からでも快適に利用してもらうための設計や、実装も求められているのです。

3.ディレクション

プロジェクトを管理する場合では、ディレクションを行うこともあります。

コーディング業務としてプログラマーやコーダーはもちろん、バックエンドエンジニアやサーバーサイドエンジニアなど、さまざまな職種と連携して進めることも少なくありません。

プロジェクトの進捗管理やクライアントとのやり取りも、ディレクション業務の一環として行います。

 

フロントエンジニアの年収・給料の目安

フロントエンジニアの平均年収は594万円。派遣社員では時給2,045円、アルバイトやパートでは時給1,100円が平均だといわれています。

フロントエンジニアの年収は、スキルの熟練度と幅広さによって変動します。デザインやディレクション、さらにはバックエンドまで担当できるようになれば、年収に反映されやすくなるでしょう。

参考:フロントエンドエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報│求人ボックス

 

フロントエンジニアに必要な3つのスキル

幅広い業務を担当するフロントエンジニアには、さまざまなスキルが求められます。フロントエンジニアを目指すなら、どんなスキルを身に付けていけばいいのでしょうか。

次からは、フロントエンジニアの必須スキルを3つ紹介します。

1.プログラミングスキル

フロントエンジニアには、当然プログラミングスキルが求められます。HTMLやCSSなどのコーディング言語はもちろん、Webサービスをスムーズに動かすための「JavaScript」のスキルも欠かせません。

ほかにも、PHPやRubyなどの「Web制作でよく使われる言語」を身に付けておくとより実務に役立つでしょう。

2.UIの設計

フロントエンジニアは、WebサービスのUIに携わる職種です。ユーザーにとって見やすく使いやすいサービスを設計するためには、UIに関する知識が必要です。

また、デザインに関する知識があることで、デザインの意図が把握しやすくなったり、デザイナーとのやり取りもスムーズになるでしょう。

3.CMSの運用

特にWebサイトの構築をする際には、CMSを導入することが多いものです。よく使われるCMSであるWordPressについては、基本的な運用方法は理解しておく必要があります。

その他、クライアントの要望や開発コストなどを検討して、最適なCMSを導入・開発・運用することが求められます。

 

フロントエンジニアに有利な資格3選

フロントエンジニアを目指すには、特に資格は必要ありません。重要なのは、技術です。

しかし、ゼロから勉強を始める場合には、資格の勉強を通して体系的に学ぶことが効率的な場合もあります。また、未経験の場合は資格の取得から客観的に技術力を証明できるメリットもあります。

次に、フロントエンジニアを目指す際におすすめの資格を3つ紹介します。

1.HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験は、HTML5・CSS3・JavaScriptなど、フロントエンジニアの必須スキルを網羅した資格です。

マルチデバイス対応のWebサービスを開発するためのスキルも学べる、これからの時代で活躍するには欠かせない資格といえます。

公式サイト:HTML5プロフェッショナル認定試験

2.Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、Webサイトの制作に必要なデザインスキルやコーディングスキルを身に付けられる資格です。HTMLやCSS、デザインの知識を幅広く学べます。

公式サイト:Webクリエイター能力認定試験

3.CIW JavaScript Specialist

CIW JavaScript Specialistは、フロントエンジニアに欠かせない言語「JavaScript」の国際資格です。プログラムの制御や画像のアニメーション化などに必要な知識を、幅広く学べます。

試験は英語ですが、日本だけでなく海外を舞台に活躍したいと思っている人にはおすすめの資格です。

公式サイト:CIW JavaScript Specialist

 

フロントエンジニアに向いている人の3つの特徴

エンジニア職の中でも、UIの設計やデザインなどの分野を担当することもあることのあるフロントエンジニア。そんなフロントエンジニアとして活躍できる人にはどのような共通点があるのでしょうか。

次からは、フロントエンジニアに向いている人の特徴を、3つ紹介します。

1.Web制作に幅広く携わりたい人

Web制作に幅広く携わりたい人は、フロントエンジニアが向いているといえるでしょう。

WebサービスのUIを始めとする設計から、コーディング、運営や保守までとフロントエンジニアの業務範囲は広いです。デザイナーやバックエンドエンジニア、ディレクターとしての役割を兼務する人もいます。

ただコードを書くのではなく、さまざまな業務に携わってみたい人にとって、フロントエンジニアは最適な選択肢といえるでしょう。

2.デザインも好きな人

フロントエンジニアは、UIの設計やデザインを担当することがあるのが大きな特徴です。エンジニアリングだけでなく、デザインに関することにも興味がある人は、フロントエンジニアが向いているといえるでしょう。

「好きこそものの上手なれ」というように、プログラミングもデザインも好きなら、両方のスキルを効率よく伸ばせます。双方の知識をリンクさせることで、相互作用が期待できるでしょう。

3.コミュニケーションを取ることが好きな人

フロントエンジニアは、1人で仕事をするケースは少なく、デザイナー・プログラマー・コーダーなど様々な人とチームで仕事をすることが多い職種です。

そのため、一人で黙々と作業をすることが好きな人よりは、チームでコミュニケーションを取りながら仕事をすることが好きな人が向いているといえるでしょう。

 

未経験からフロントエンジニアになる方法

フロントエンジニアは、ほかのエンジニアと比べ、未経験からのステップアップを目指しやすい職種です。まずは、Webコーダーやマークアップエンジニアなど、フロントエンジニアへつながる職種からのステップアップを目指すのもいいでしょう。

最後に、未経験からフロントエンジニアになる方法をお伝えします。

未経験でもOKな企業に応募する

未経験からフロントエンジニアを目指すなら、まずは未経験OKな企業に応募してみましょう。

フロントエンジニアに限らず、IT業界では人手不足が続いています。未経験OKの求人も多いので、まずは「経験者」になるためにも、未経験者への教育体制が整っている企業に次第に応募してみるのもいいでしょう。

スクールや独学でプログラミング言語を学習する

プログラミングやコーディングに関して、知識も経験も全くないなら、スクールや独学でプログラミング言語を学習するのもいいでしょう。

IT業界の人手不足や、リモートワークやフリーランスなどの働き方への対応しやすさから、エンジニア職の人気は高まり続けています。プログラミング言語を教えるWebサイトやスクールもたくさんあります。

まずはスクールや独学で知識を身に付け、Webコーダーやフリーランスとして実務経験を積んでステップアップしていくことも方法です。

【あわせて読みたい】

【2021年版】プログラミング学習におすすめのサイト10選

プログラミングを独学で習得する3つのコツ【おすすめのサイト5選&勉強方法を紹介】

人気のプログラミング言語種類別ランキングTOP10【難易度は?特徴は?初心者にもおすすめ?】

 

フロントエンジニアに必要な知識を身に着けていこう

ユーザーの目に直接触れる部分に携わるフロントエンジニアは、幅広い知識が求められることがわかりました。これから、フロントエンジニアを目指す人は、興味のある範囲から学習を進めるといいでしょう。

特に、より見やすく操作しやすいUIを作り、ユーザーがより満足できるUXを提供することの重要性も高まっています。プログラミングやコーディングの知識はもちろん、UI・UXに関する知識もインプットしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

UI・UXの違いとは?非デザイナーでも今すぐできる3つの改善施策・勉強方法

Tayoriとは

無料でお問い合わせフォームやFAQをあなたのウェブサイトに簡単に設置できます!

関連記事